゛●自分でゴキブリ対策してみた

【ゴキブリ】自分でゴキブリ対策してみた【駆除してやる】 | 北海道だってチャバネゴキブリがワラワラいるところはあるんだぞ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

そして決断、夜中に20匹以上殺すはめになるなら・・・

そしてミントオイルを教えてくれた人から悲報を聞かされた。


ミントオイルを使ってから一週間部屋の中でゴキブリを見なかったのに、何が原因かわからないけど突然真夜中に大量のゴキブリが部屋の中に現れてパニックになったらしい。

20匹以上は殺したそうだ。


発生源で誰か強力殺虫剤を撒いたか、バルサンでもたいたのか・・・・・

 

それ以降玄関ドアのところに置いたゴキブリホイホイに毎日10匹くらいの幼虫がひっかかり、寝る前に殺虫剤を撒いておくと、朝には2、3匹はどこかで死んでるらしい。



そういう状況ではハーブで忌避効果なんて言ってる場合じゃない。

 

やっぱりこの戦いには勝てない。

発生源のゴキブリの巣には自分じゃ手出しできないし。

ついに撤退を決心。

 

疲れた。
関連記事
スポンサーサイト

 

自分でゴキブリ対策をした結果

マンションの廊下にゴキブリがうようよいた状態。

クローブ(ホール)にミントオイルを染込ませて部屋の要所要所、廊下に配置。

ひのきにミントオイルを染込ませて部屋の要所要所、廊下に配置。

芳香剤のボトルにミントオイルを入れて香りを漂わせる。

 消毒用エタノールとファブリーズを混ぜたスプレーでやつらを殺戮しまくる。

という感じでなんとか部屋にに侵入されないようにトライした。

廊下でうろついてるのを見るのが極端に少なくなってだいぶすっきり。

特に成虫を見ることが少なくなった。

幼虫はちらほら。

匂いに鈍感なのか。


部屋への侵入はだいぶ防げてる気はするけど、やっぱり幼虫クラスの侵入は目に付く。

成虫は無いかな。

ハーブの利用はたしかに効果があったと思う。

でもやっぱり完璧ではない。

成虫だけならまだしも幼虫が無理だ。

玄関ドアの開け閉めの時に侵入してくるのが目立つ。

出入りに気をつけてもだめだった。

玄関あたりで毎日4,5匹は発見したもんなあ。

そこで発見できなかったら、どこか物陰に入るわけだし、そうなったらもはや見つけられない。

侵入されて、住み着かれて、成長して。

これは厳しい。
関連記事

 

そういえば虫コナーズリキッドタイプの容器も利用してみたっけ

最初にゴキブリを見た時、すぐ近所のコンビニへ行って、そこに置いてあった殺虫剤と一緒にとりあえず虫コナーズリキッドタイプというのも買ったんだっけ。

対象がユスリカとチョウバエになってたけど、少しでも足しになればという藁にもすがる思いで。








ミントの香りだけどちょっと甘ったるい匂いもする。

それがなんとなく嫌だなあと感じた時に思いついた。

 

この中身をミントオイルにしたらいいんじゃない?

元々殺虫成分は入ってないんだし、考え方も一緒だろうと。

じわっと室内に香りを漂わすには最高の道具かもしれない。

ちょっとしたアロマテラピーの道具の代わりかな。

 

ということで中身を全部捨てて。

消毒用エタノールを入れて。

そこにミントオイルを10滴ほど。

攪拌、よく溶かす。

 

スプレーだとあっという間に無くなるけど、これはきっと一週間はかかるだとうと予想。

ということで雑菌対策に水はドラッグストアで買ってきた精製水をどぼどぼどぼっと入れる。

ついでだから殺菌・防腐作用もありそうなクローブも数個投入しておく。








部屋の隅においてみたらほのかに漂い始めるミントの香り。

甘ったるい感じもなくすっきり。

これは結構いける感じ。

 

クローブやひのきにミントオイルを染込ませるよりは手間要らず、かもしれない。

ただクローブやひのきを使うのをやめたわけでもなく、それらは排水口や各種パイプがあるところ、窓際、玄関ドアのあたりに置いてました。
関連記事

 

殺虫剤の成分にあるピレスロイド系

人間の身体に入ってもすぐに分解されて害は無いんだ。



なるほど。



勉強になった。



ピレスロイドの特長は? | 害虫コラム | ウルトラ害虫(がいちゅう)大百科 | KINCHO 大日本除虫菊株式会社
http://www.kincho.co.jp/gaichu/column/piresroid.html



ピレスロイド

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%89

ピレトリンの誘導体は合成ピレスロイドと呼ばれ、アレスリンなどが知られている。ピレスロイド類は昆虫類両生類爬虫類神経細胞上の受容体に作用し、Na+チャネルを持続的に開くことにより脱分極を生じさせる神経毒である。哺乳類鳥類の受容体に対する作用は弱いので安全性の高い殺虫剤である。初期の合成ピレスロイドには菊酸構造が存在したが、現在の合成ピレスロイドには共通化学構造はもはや存在しない。




関連記事

 

ミントオイルでゴキブリを一斉に追い出せるだと?

 



こういうのが結構リツイートされてる。



結構効果はあると思う、確かに。



でもミントオイルで「一斉に追い出せます」なんてところまで期待できるわけがない。



それができるのなら、こちとら苦労はしてないし。



しかもエアコンや扇風機程度じゃなあ。



ミントオイルを染込ませたものをあちこちに置かないと。




まずは部屋を掃除。



そしてゴキブリが新たにやってきにくくする、住みにくくするという程度だろうなあ。



なんかやな匂いだ、ぐらいには感じてるはずだ。




家の中、部屋の中、近辺にゴキブリの巣があったらダメ。



観察してたら幼虫なんて匂いもなにもおかまいなしな感じだし。



関連記事

 

対ゴキブリにミントオイルも使ってみたら・・・

廊下で見かけるゴキブリがめっきり少なくなった。

特に成虫。

幼虫クラスをわずかに見る程度。

 

おかげで、というかうれしいことに対ゴキブリスプレーを試す機会が激減。

我が家に侵入してきた成虫もゼロ。

 

活動が活発になるという真夜中過ぎにチェックしても同様。

 

でも発生源、ゴキブリの巣が近くにある限り、きっとどこかにいるはず。

天井裏とか人の目に触れないところを移動してるんじゃなかろうか。

と、考えると終わりのない戦いにうんざりしてくる。

 

そういえばゴキブリではない黒くて小さい虫も廊下の床にわらわらいたんだけど、それはほぼ見なくなってしまった。

あれはダニだったんだろうか。

検索してみるとミントでダニ退治できるみたいだし。

 

関連記事

 

さいころの形のひのきを発見、対ゴキブリ用に使ってみる

東急ハンズでふと目に付いたさいころ状に着られたひのき。

 

クローブにエッセンシャルオイルをたらして、ティッシュで包んで部屋のあちこちにおいてるけど、どうもなあ。

ティッシュなんて下手したらゴキブリのエサになりそうな気がしないでもないし。

 

なにか他にオイルを染込ませるものはないものか。

と、思ってたところにちょうど発見。







アルティオ 森のさい木ろ ひのき

アルティオ 森のさい木ろ ひのき
価格:918円(税込、送料別)




これにエッセンシャルオイルを染込ませるのはどうだ。

ひのき自体に防虫効果もあるわけだし。

ということで購入。

 

ミントオイルを数滴たらして染込ませ、あちこちに配置。

玄関ドアの外側にも置いてみる。

ただでさえ対ゴキブリスプレーでゴキブリを殺しまくってミントを撒き散らかしてるせいもあり、廊下がミントの香りでいっぱいだ。
関連記事

 

ミントオイル(ハッカ油)のスプレーがゴキブリ忌避に効果があった、ですと?

廊下で自作の対ゴキブリスプレーを使ってゴキブリ退治をしてたら、同じ階のやはりゴキブリ侵入に悩んでる方に声をかけられた。

見せてくれたのはミントオイル、つまりハッカ油のスプレー。








それを毎日ドア周辺にふりかけるようにして数日、まったく部屋の中でゴキブリを見てないらしい。

なんと。

そして実際にドアに振りかけ始めた。

げげ。

たちまちミントの香りが充満しはじめて。

ゴキブリどころか人間にでも強烈。

これは効果があるかもしれない。

ただその小さなスプレーをその勢いで噴霧してたら、すぐに無くなりそうな気がした。

とはいえ効果があるのなら試してみるべ。

ということで近所のドラッグストアにあるというので行ってみる。

 

うーむ、スプレータイプは量が少ないしやっぱり割高。

とっさに使うには便利だけどね。

考えたあげくスプレータイプではなく量が多くて割安のボトルタイプ、およびスポイトを購入。








どうせ自作のハーブを噴霧するスプレーに入れるつもりだし。

なにかにしみこませて部屋のあちこちに置くつもりだし。

値段的には別メーカのこっちの方がいいのかも。

うーむ、よくわからん。








これもためしに買ってみたけど、くらべると北見ハッカ油の方が匂いが強烈かな。

 

とりあえず購入後、部屋のあちこちに置いたクローブにミントオイルを染込ませてまわる。

ミントの爽やかな香りが充満してきた。

 

対ゴキブリ駆除スプレーにも数滴たらす。

自分にも軽くかけてみる。

やはりすきっと爽やかな感じ。

 

ダイレクトにミントオイルを噴霧するのにくらべて強烈さはないけど、これでじわじわっと時間をかけて香りを浸透させた方がいい気がした。

お金も節約できそうだし。

 

 

ミント

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88#.E5.88.A9.E7.94.A8

葉は、爽快味および冷涼感を与えるメントールに富むため、ハーブとして料理カクテル菓子薬用酒などの材料となるほか、精油(エッセンシャルオイル)は香料として食品や歯磨き粉に添加されたり、アロマテラピーに用いられる。モロッコでは緑茶と生のミントを混ぜた茶を飲む。

漢方薬(生薬名:薄荷葉(はっかよう))としても清涼、解熱、発汗、健胃などの目的で用いられる。

ミントから精油を取るには、ミントの全草を蒸気釜に隙間無く充填し、釜内に高圧水蒸気を吹き込む。排出される蒸気を冷却した後、水と分離した上澄みのオイル部分を採取する(水蒸気蒸留)。
関連記事

 

世間のゴキブリ事情を覗いてみる

yahooリアルタイム検索「ごきぶり」

http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?fr=crmas&ei=utf-8&p=%E3%82%B4%E3%82%AD%E3%83%96%E3%83%AA

ゴキブリが平気な人がたまにいるけどうらやましい・・・

これは笑った。
関連記事

 

おや?ゴキブリが少なくなってきたぞ

対ゴキブリスプレーを廊下で試して2日目。

あれ?

気がつくと廊下にいるのがちょっと少なくなったぞ。

 

ゴキブリを殺してるうちに、ハーブの香りを撒き散らかしてるようなもんだしなあ。

これは結構忌避効果があるかな。

 

たしかに100匹以上殺したけど、そんなのでゴキブリの巣にダメージをあたえてるとも思えないし。

元の発生源には相変わらずわんさかいるのは間違いない。

と、考えるとかなり虚しい。

でも玄関ドア近辺から侵入される確率はかなり下がったと思われ。

 

我が家に侵入してきた成虫には2度ご対面。

幼虫は玄関ドアを開けた時に一緒に入ってくるのか、いまだにちらほら。

幼虫の方が匂いに鈍感っぽい気がする。

廊下でじっと観察してると、小さければ小さいほどスプレーされた跡を関係なく歩いてる模様。

関連記事

 

« »

08 2014
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

cockroachgokiburi

Author:cockroachgokiburi
とあるマンションに引越ししようと思ったら廊下のあちこちに小さな虫が・・・・

なんだこいつら。

愕然。

ということでチャバネゴキブリとの戦いの記録。

発生源をなんとかするのがもちろん一番。
それもやったけど、ここに書いちゃうと場所からなにから特定されかねないので割愛

.
最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。