゛●自分でゴキブリ対策してみた

【ゴキブリ】自分でゴキブリ対策してみた【駆除してやる】 | 北海道だってチャバネゴキブリがワラワラいるところはあるんだぞ

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

まずはクローブとオレンジスイートでゴキブリ忌避効果を狙ってみる

調べた結果、効果ありそうでかつ手に入れやすい、ということでクローブを買いにスーパーの調味料コーナーへ行く。

見つけたのがこれ。

 


ギャバン クローブ ホール 12g/ギャバン(GABAN)/クローブ(丁香)/税込2052円以上送料無料ギャバ...

ひとつ200円ちょっと。

安いので4つ購入。

 

さらに柑橘系の匂いも苦手らしいので、ドンキホーテでオレンジ・スイートのエッセンシャルオイルを購入。

お試しボトル5mlで600円くらい。

高いのか安いのかよくわからん。

 

クローブの匂いは・・・なんかカレーっぽいというかなんというか。

ハーブというより香辛料だね。

それを5,6こティッシュの上へ。

そこにオレンジ・スイートのオイルをたらたらっと数滴しみこませる。

これはいい香り。

 


後払い・コンビニ払いOK!TREE OF LIFE ESSENNTIAL OIL ポイント10倍エッセンシャルオイル(精油...
それをたくさん作って玄関ドアのあたり、洗面台や流し台の下の排水溝あたり、換気扇の下、各部屋の四つ角、とたくさん置きまくる。

やがてゆっくりといい香りが部屋中に漂いはじめ、廊下にもほんのりと。

ちょっとした満足感。

http://rcm-fe.amazon-adsystem.com/e/cm?lt1=_blank&bc1=FFFFFF&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=flamablogshin-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&ref=tf_til&asins=B00180OBIS

クローブ

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96#.E5.88.A9.E7.94.A8

  • 香辛料として肉料理によく使われるが、他の香辛料とブレンドしてカレーなどに使用することが多い。また、カルダモン桂皮ショウガなどと合わせてチャイの香り付けに使われる。

  • 生薬としての花蕾を丁子(ちょうじ)または丁香(ちょうこう)ということもあり、芳香健胃剤である(日本薬局方にも収録されている)。漢方では女神散柿蒂湯などに使われる。

  • 含香として、密教で灌頂や勤行前の口内のお清めに乾燥した丁子を刻んだものを口に含み噛んで使用する。ただし花の部分は使わない。

  • 特徴的な香気成分はオイゲノール (Eugenol)。クローブの精油には殺菌・防腐作用がある。また弱い麻酔・鎮痛作用もあり、歯痛の鎮痛剤として使われる。ゴキブリがこの香りを嫌うのでゴキブリ除けとしても使用されることがある。また、クローブの精油(丁子油)は日本刀のさび止めにも用いられた。

  • インドネシアインドでは丁子油で香りを付けたタバコもあり、インドネシア語では「rokok kretek(ロコッ・クレテッ)」と称する。


オレンジスイート

http://www.gosetsumei.com/orangesweet.html

オレンジスイートのアロマが体に与えてくれる効果と効能は、消化器系の不快感を解消し、正常な働きを保つことです。胃腸の具合が悪くて食欲不振の時や、便秘や下痢などの不調を起こしたときには、オレンジスイートのアロマを利用することがオススメです。

またオレンジには抗ウィルスと殺菌の作用が期待できるので、ディフューザーを使えば冬には風邪の予防に役立ってくれます。アロマテラピーにはディフューザーで、アロマオイルを拡散する方法もあるのです。


スポンサーサイト

 

室内をハーブの香りで満たした結果

朝昼晩夜中と様子を見に行ってみた。

夜中に行くと幼虫が数匹侵入しているのを発見。

成虫は一匹発見。

幼虫は主に玄関回り。

成虫は玄関横の部屋の壁に。

場所的にやはり廊下側から侵入している模様。

100%シャットアウトはできないわなあ。

 

廊下には相変わらず幼虫から成虫まで入り混じって歩き回ってる。

ということで廊下にもハーブの香りを満たしてみるかと決心。

 

ハーブオイルを散布するスプレーを作ってみる エタノール+オレンジスイート+クローブ

エッセンシャルオイルをそのまま撒くと香りがきつすぎるし、なにより金がかかる。

ということで薄めて散布することにした。

 

ドラッグストアに出かけて消毒用エタノールを購入。



オイルは水には溶けないのでエタノール、つまりはアルコール利用。

600円くらい。

アルコール度数が高い無水エタノールの方がいいのかなと思いつつも価格の点で断念。

なにせ 1000円以上する。

どうせ水で薄めるつもりだし。

 

スプレーのボトルにエタノールを入れ、オレンジ・スイートのエッセンシャルオイルを数滴入れる。








スプレーのボトルを振り回して攪拌。

エタノールと同じくらいの水を入れてさらに攪拌。

ついでにクローブを2,3こ投入。

一応完成。

 

さっそく廊下に出て玄関前周辺にスプレーしてみる。

ほのかにいい香りが漂う。

これで玄関に近づいてくるゴキブリが減ってくれれば。

ついでに周辺にもスプレー。

どんどんスプレーしまくる。

 

エタノール、つまりアルコールが揮発するさいに消毒殺菌にもなるし。

一石二鳥な気分。

 

ふとゴキブリの様子がおかしいことに気がつく。

スプレーがちょっとかかったゴキブリはその反対側に逃げていく。

まともに浴びたゴキブリは動きを止めて苦しそうにしてる。

何度か浴びると動いてものろのろ。

苦しそうだ。

 

もしかしてこれはゴキブリ退治に使えるのではないか。

 

調べてみるとアルコールは油に溶ける。

というか剥がすというかそういう効果がある。

 

ゴキブリの呼吸する穴を油分が守っている。

アルコールがその油をはがし、呼吸する穴に侵入し窒息させる。

アルコルー度数が高いと窒息死させられるらしい。

おお。

 

これはハーブを散布するだけではなく、殺虫剤がわりに使えるかもしれない。

殺虫剤と違って気兼ねなく使えそうだし。

 

エタノール

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BF%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB

エタノール(ethanol)はアルコールの一つ。別名として、エチルアルコール(ethyl alcohol)や、酒類の主成分であるため「酒精」とも呼ばれる。アルコール類の中で、最も身近に使われる物質の1つである。揮発性が強く、殺菌消毒のほか、燃料としても用いられる。

日本では日本薬局方により純度が規定されている。

無水エタノール(別名:無水アルコール)
15℃でエタノールを99.5v/v%以上含む。消毒効果は消毒用エタノールに比べて小さいが、肝癌治療に応用されている。
エタノール(別名:アルコール)
15℃でエタノールを95.1〜96.9v/v%含む。
消毒用エタノール(別名:消毒用アルコール)
15℃でエタノールを76.9〜81.4v/v%含む。一般的な医療用消毒剤。
医薬用の(日本薬局方の)エタノールは酒税相当額が課税されている。節税のため、イソプロピルアルコールを添加したものや変性アルコールを用いたものもあり、逆性石鹸で消毒の効力を高めた物もある。

 

殺虫剤がわりに対ゴキブリ駆除スプレーを作ってみる

ハーブのエッセンシャルオイルを散布するスプレーをどうもゴキブリが嫌がってる。

これを殺すところまでいけないものか。

 

洗剤やシャンプーでゴキブリが死ぬらしいので、それらを混ぜてみようか。

でも噴霧したところがぬるぬるアワアワして後片付けが大変そうだ。

洗剤やシャンプーでゴキブリが死ぬのは界面活性剤のおかげ。

これが腹の辺りの油を剥がして呼吸する穴に侵入、窒息させるらしい。

 

ほかに界面活性剤が入ってるもの・・・・・

調べるとファブリーズのような消臭・芳香剤にも入ってる。

これならさほどぬるぬるしないし。

エタノール(アルコール)はすぐに揮発しちゃうけど、界面活性剤はそんなことはないだろうし。

 

ということで詰め替え用ファブリーズを購入。

エッセンシャルオイルを散布するスプレーの中にどぼどぼどぼっくらい投入してみた。










振ってよく混ぜる。

一応完成。

 

さてどれだけ効果があるのか、廊下に出てその辺の幼虫から成虫までスプレーして試してみる。

 

試しまくる。

試しまくること数十匹。

 

 

 

対ゴキブリ駆除スプレーを使ってゴキブリ退治

殺虫剤がわりに作ってみたファブリーズ入り対ゴキブリ駆除スプレー。

 

ゴキブリ退治してやる。

 

その辺をうろつくゴキブリに思い切り噴霧する。

霧状態。

ちょっとかかった奴は反対方向に逃げていく。

まともに浴びた奴はだいたいがまず動きがとまる。

アルコールが揮発して温度は下がるし、なんだこれは?という感じなんだろうか。

 

近づいて軽くスプレー、霧というよりじゅばっという感じで。

ゴキブリが濡れてあわてだします。

じゅばじゅばっぐらいだと幼虫クラスは終了。

ちっちゃいのは楽にしとめられる。

 

成虫だと窒息で苦しいせいか全力で逃げようとするけど、そこへさらにじゅばっじゅばっ。

体全体が濡れると、じたばたじたばたした後やがて動きがストップ。

たまに羽をぱたぱたさせる時もあるけど、かまわずじゅばっ。

 

使ったスプレーはこの程度のもの。

噴霧する口を回すと広い範囲から狭い範囲まで簡単に調節。

ラストにトドメを刺す時は範囲を狭くしてやつらの身体を濡らすようにじょぼっと。








 

後片付けも楽ちん。

ティッシュでつまむ。

たまに乾いたとたん復活するしぶという奴もいるので、念のためぶちっとした方がいいね。

 

ただしどこか隙間に逃げられると、アウト。

さすがにゴキブリの身体に直接かけないと効果がないしなあ。

そういう時は普通に殺虫剤を使うしかない。

まあそこは仕方がないです。

 

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

cockroachgokiburi

Author:cockroachgokiburi
とあるマンションに引越ししようと思ったら廊下のあちこちに小さな虫が・・・・

なんだこいつら。

愕然。

ということでチャバネゴキブリとの戦いの記録。

発生源をなんとかするのがもちろん一番。
それもやったけど、ここに書いちゃうと場所からなにから特定されかねないので割愛

.
最新コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。